福祉用具を使用することで、できる活動の幅が拡がります。その人の可能性を最大限に引き出すよう、もっている能力を活用しながら体の状態に合った用具を導入します。
 

 

障害をもった方が家に帰るにあたって、段差の解消、手すりの取り付けなどの住宅改修が必要になる場合があります。その場所や方法をその人に合わせて検討し、安心して毎日の生活を送ることが出来るよう支援します。